<基礎コース> 最近の技術・開発動向を交えながらわかり易く解

コグニティブ無線技術その応用

〜ソフトウェア無線からコグニティブ無線へ〜

異種無線システム間の垣根を掃うコグニティブ無線。究極の周波数共用に期

■日時 12月13日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

●講師

東京農工大学大学院

共生科学技術研究部   鈴木 康夫

教授

工学博士

【経歴・活動】

1973年埼玉大学理工学部電気工学科卒業。同年東京芝浦電気株

式会社(現、鞄月ナ)入社。以来、各種アンテナの研究開発に従事。

1990年鞄月ナ・総合研究所(現、研究開発センター)に異動。以来、

移動通信を始めとする無線通信の研究開発、および超小型無線端末

の開発に従事。

2000年東京農工大学(現、東京農工大学大学院)教授。以来、次世

代無線通信システムの研究開発に従事。主な研究テーマは、アダプ

ティブアレーアンテナによる空間分割多重、ソフトウェア無線、コグニ

ティブ無線、周波数の高度有効利用技術など。

著書:マイクロストリップアンテナ、ソフトウェア無線関係の書籍7冊。

2002年電子情報通信学会論文賞受賞。

IEEE、電子情報通信学会、映像情報メディア学会、各会員。

       【講師のお言葉】

       移動通信を始めとする無線通信の展開は、今後一層加速していくものと期待されている。限られた周波

       数資源のもとで、この期待に応えていくために周波数の有効利用が叫ばれてきた。

       コグニティブ無線は周波数共用の高度化により、周波数の利用効率向上を志向した概念といえる。しかし

       ながら、この概念の具現化は多様性に富み、その具体像を一意に表現することは難しい。抽象的な表現

       を許すならば、コグニティブ無線は周囲の電波環境に応じて、適応的に最適な無線方式を選択すること

       を許す無線システムといえる。

       一方、ハードウェアを変更することなく、ソフトウェアのみで無線方式を変更することができる無線機として

       ソフトウェア無線機が知られている。従って、コグニティブ無線はソフトウェア無線機の最適のアプリケー

       ションということもできる。

       本講座においては、まず、ソフトウェア無線機の概念を説明し、そこから期待されるアプリケーションの世

       界を概観する。次に、周波数共用の立場からコグニティブ無線を捉え、その具体像に迫る。

          

           1.はじめに

                本講座およびテキストの内容

           2.ソフトウェア無線の概念

                (1) ニーズとシーズからみたソフトウェア無線機像

                (2) ソフトウェア無線機とマルチモード無線機の違い

                (3) ソフトウェア無線のアーキテクチャ

           3.ソフトウェア無線の将来展望とパラダイムシフト

                (1) 環境適応無線機

                (2) 適応多次元分割多元接続

                (3) 無線エージェント

                (4) ネットワークダイバーシチ

           4.ソフトウェア無線を商用化する上での課題

                (1) 遵法にかかわる課題と対策

                (2) 互換化にかかわる課題と対策

                (3) 技術にかかわる課題と対策

           5.コグニティブ無線の概念

                (1) ソフトウェア無線とコグニティブ無線

                (2) 周波数共用とコグニティブ無線

           6.コグニティブ無線に対する総務省の方針と期待

                (1) 電波の有効利用に向けての取り組み

                (2) 周波数の逼迫状況に対する電波の再配分

                (3) 周波数の逼迫に対する具体策

                (4) 電波利用料制度の見直し

           7.コグニティブ無線の技術課題

                (1) 周波数を共用化する上での課題

                (2) 被干渉と与干渉の定式化

                (3) 被干渉抑圧

                (4) 与干渉抑圧

           8.コグニティブ無線による無線システムの例

                (1) アダプティブアレーを用いた周波数共用RTS/CTS

                (2) STBC分散ARQを用いた自律経路構成アドホック無線システム

           9.おわりに

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る