<基礎コース> 最近の発表・技術動向を交えながらわかり易く解

リコンフィギュラブルRF回路設計技術

【第2回開催】

複数の周波数帯、方式の送受信を1台の無線端末で可能にするリコンフィギュラブルRFが脚光を浴び!!

■日時 1月30日(火)      ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

 

●講師

東京工業大学

統合研究院     益 一哉

教授

工学博士

 

【経歴・活動】

昭和52年3月東京工業大学工学部電子物理工学科卒業、昭和57年3月

東京工業大学大学院博士課程電子工学専攻修了(工学博士)。同年4月

東北大学電気通信研究所助手、平成5年4月東北大学電気通信研究所

助教授。平成12年6月東京工業大学精密工学研究所教授、平成17年

10月東京工業大学統合研究院教授。平成14年11月〜平成15年1月

Georgia Institute of Technology客員教授。

最近は主として、RFリコンフィギュラブル回路、RF CMOS回路、高速信

号伝送回路の研究に従事。

IEEE、The Electrochemical Society、応用物理学会、電子情報通信学

会、電気学会、エレクトロニクス実装学会会員。

2004 Int.Conf. Solid State Devices and Materials実行委員長。

2005年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ賞受賞。

      【講師のお言葉】

      携帯電話やワイヤレスLANなどが広く利用されるようになってきた。それぞれ目的に応じた規格で開発され、

      実用化されてきたが、ユーザーにとってはバックボーンネットワークに接続されるラストワンマイルのワイヤレス

      インターフェースがどのような規格であっても良いはずである。

      最近では、利用者は複数の携帯端末をもつようになっている。たとえば携帯電話とLANカードを持ち歩くこと

      も多い。複数の通信規格を検知し、最適の通信方式でシームレスにインターネットに接続できる技術が望まれ

      る。ソフトウエア無線(Software Defined Radio)、あるいはコグニティブ通信と言われる分野である。

      現在利用されている無線周波数帯は、数百MHzから数GHz帯でありデジタル復調部が構成されたとしても

      RFフロント部を構成しないと複数の通信規格に対応することは不可能である。

      本セミナーでは、RFフロント部に注力して、最近の技術を紹介する。

          

           1.最近のワイヤレス技術

                (1) バックボーンネットワーク

                (2) 種々のラストワンマイル技術

           2.ソフトウエア無線、コグニティブ通信、リコンフィギュラブル通信(回路)

                (1) ソフトウエア無線とは

                (2) コグニティブ通信とは

                (3) リコンフィギュラブル通信(回路)とは

           3.Si RF CMOS技術

                (1) RF CMOSの技術(ロードマップ)

                (2) ITRSロードマップにおけるRF回路技術

                (3) RF CMOS回路技術の課題

           4.RFリコンフィギュラブル回路

                (1) リコンフィギュラブル通信を実現する手法

                (2) RFフロントエンド回路構成

                (3) リコンフィギュラブル通信のためのRF回路技術

                (4) 可変受動素子技術(アクティブ型、RF MEMS型)

           5.RFリコンフィギュラブル回路(実例)

                (1) リコンフィギュラブル回路技術(最近の発表)

                (2) RFリコンフィギュラブル回路要素技術(LNA、VCOなど)

                (3) コグニティビティワイヤレス技術の最近のトレンド

           6.今後の展望と課題

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る