超高速、小型、低電力、低価格化を大幅に実現した世界の最大手4社の最新動!!

海外メーカにみる高速電力線通信用チップセット/

モジュール開発・技術動向応用例及び今後展開

高速PLCチップ搭載のモジュール、モデム、タップ、TVが続々と開発され、宅内、ビル内、工場等での利用、導入が進!!

■日時 2月20日(火)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

ゼルラインにおける高速電力線通信用チップセット/モジュールの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

ゼルライン社

理事

 

ジョン ジ ヨン

 

2月20日 9:40〜11:10

1.韓国ゼルライン(Xeline)社について

       PLC技術の取り組みの沿革

  2.高速電力線通信(高速PLC)とは

       PLCのメリット

  3.PLCのアプリケーション範囲

  4.ゼルラインの韓国での取り組み

  5.ゼルラインの海外での取り組み

  6.日本のPLC型式指定への取り組み

  7.ゼルライン社のPLC技術

       (1) チップ技術

       (2) モジュールに関して

       (3) ソリューションとして

イトランにおける高速電力線通信用チップセットの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

潟vレミネット

代表取締役社長

 

南谷 祐次

 

2月20日 11:20〜12:50

1.高速電力線通信(高速PLC)の適用分野

       (1) 高速PLCの特徴、利点

       (2) 日本国内の規制値とその対応

       (3) 高速PLCの適用分野と製品例

  2.高速PLCの適用技術

       (1) 変調方式   (3) 管理システム

       (2) アクセス方式

  3.YITRAN社のSS-PLC技術

       (1) SS-PLC技術の概要   (3) ITM1シリーズ

       (2) IT800シリーズ   (4) ITM10シリーズ

  4.プレミネットのSS-PLCソリューション

       (1) MegaLine for Industrial Use

       (2) MegaLine for Hotel Use

       (3) 海外の導入事例

       (4) 今後の展開

DS2における高速電力線通信用チップセットの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

DS2社

アジアオフィス

ディレクター

 

ラモン ガルシア

 

2月20日 13:30〜15:00

1.DS2の現状

  2.DS2テクノロジー

       (1) アプリケーション

       (2) 技術説明

       (3) 特徴

  3.海外における導入事例

  4.将来の展開

インテロンにおける高速電力線通信用チップセットの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

インターニックス

新事業開発部

部長

 

堀 敏夫

 

2月20日 15:15〜16:45

1.高速PLCの現状

       (1) 世界のPLC動向

       (2) 日本のPLC動向

  2.日本での高速PLCを導入について

       (1) 問題点と課題

       (2) 問題点の克服

  3.高速PLCに対するインテロン社のソリューション

       (1) INT6000が提供するソリューションと技術優位性

       (2) 日本市場への対応

  4.インテロン製品を利用した想定アプリケーション

  5.インテロン製品の今後の展望

 

戻る