欧州、米国、中国、韓国等の海外で急速に普及・発展するIPTV、新ビジネス到

国内外にみIPT/サービス最新動向

魅力ある多彩な新サービスを展開するIPTVの海外ビジネス動向、日本のビジネス、著作権、成功の鍵、提供!!

■日時 5月29日(火)      ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

●講師

且O菱総合研究所

社会情報通信研究本部            中村 秀治

次世代基盤研究グループリーダー

 

且O菱総合研究所

社会情報通信研究本部            安江 憲介

次世代基盤研究グループ主任研究員

 

且O菱総合研究所

社会情報通信研究本部            高橋 知樹

次世代基盤研究グループ主任研究員

 

       【講師のお言葉】

       わが国にも昨年10月、IPTVフォーラムが発足し、マルチキャストWGとオンデマンドWGが精力的に活動

       している。IPTVは欧州や米国等からみれば、もはや周回遅れともいえるが、実は、日本のマーケットのファ

       ンダメンタルズは極めて良質高水準である。

       2002年暮れにヤフーが月3千円のADSLをマーケットに投入してからブロードバンド普及が始まり、2003

       年12月に地デジがスタートした。そして、2005年に地デジ景気が本格化、2006年にワンセグがヒットした。

       日本のテレビから周囲を見渡すと、ブロードバンド化、デジタル化、モバイル化の3つの改革が間髪を入れ

       ずに同時進行している状況であり、ここに、IPTVが飛び込めばヒットしないはずが無い。

       本セミナーでは、IPTVとそのサービスや周辺動向について、海外と比較しながら分析を試み、日本で期

       待されるビジネスのメニューアップとその現実のポイントについて明らかにする。

          

           1.IPTVの日本における萌芽と海外最新動向

                (1) FTTHとCATVでの萌芽

                (2) IPTVフォーラムでの動向

                (3) 欧州IPTVのビジネス動向

                (4) 米国その他でのIPTVのビジネス動向

 

           2.世界同時進行する著作権法改正と関連制度システム

                (1) EU opyright irectiveとDMCA

                (2) iPod/iTunesが突き動かしたデジタルコンテンツ流通

                (3) 通信?放送?ケーブル?FMC?

                (4) 仏豪米の著作権法と通信/放送関連法制度の動向

 

           3.日本のIPTVビジネスのメニューアップ試案

                (1) 日本の通信/放送/著作権法制度の行方

                (2) IPTVファンダメンタルズの読み方

                (3) IPTVビジネスのメニューアップ

                (4) 成功の鍵と世界展開シナリオ

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る