年内の商用サービス実現に向けて実証実験、製品開発が急ピッチで進!!

モバイルWiMAX用機器・システム

開発・技術動向応用例及び今後展開

アッカ・ネットワークスが年内の商用サービス開始を目指す。CATV事業者がモバイルWiMAX事業を本格!!

■日時 7月4日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

CATV、自治体向けモバイルWiMAXの最新動向と実証実験・応用例及び今後の展開

潟tジクラ

光機器・システム事業部

ワイヤレスシステム推進プロジェクト長

 

中川 三紀夫

 

7月4日 9:40〜11:10

  1.CATVと自治体でのWiMAX利用

       (1) WiMAXの特徴

       (2) デジタルディバイド対策

       (3) 市街地での利用

       (4) ビジネスモデル検討

  2.WiMAXの実証実験紹介

       (1) 嶺南ケーブルネットワーク(福井県敦賀市)

       (2) ビーム計画設計(岐阜県飛騨市)

  3.総務省の免許方針案

       (1) 全国免許と地域免許

       (2) 地域免許の要件

住友電工ネットワークスにおけるモバイルWiMAX用機器・システムの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

住友電工ネットワークス

事業開発本部

ワイヤレスブロードバンド推進部長

 

中山 正芳

 

7月4日 11:20〜12:50

  ワイヤレスブロードバンド事業としてのモバイルWiMAXに対する

   住友電工ネットワークスの取り組みおよび製品開発を含めたトー

   タルソリューションの最新状況を解説します。

 

  1.ワイヤレスネットワークスの動向

  2.モバイルWiMAXのサービスイメージ

  3.住友電工ネットワークスのWiMAXに対する取り組み

  4.住友電工ネットワークスのWiMAXソリューション

  5.今後の展開

日本無線におけるモバイルWiMAX用機器・システムの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

日本無線

BWAプロジェクト長

 

村上 文夫

 

7月4日 13:30〜15:00

  1.日本無線のWiMAXに対する取り組み

  2.Mobile WiMAXの特徴

  3.Mobile WiMAXネットワーク技術

  4.Mobile WiMAXマルチアンテナ技術

  5.WiMAX基地局RFコンポーネント技術

  6.日本無線のワイヤレスアクセスソリューション

  7.今後の展開

アルカテル・ルーセントにおけるモバイルWiMAX用機器・システムの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

日本アルカテル・ルーセント

ワイヤレスグループ

シニアシステムエンジニア

 

吉岡 敦史

 

7月4日 15:15〜16:45

  IEEE802.16eに早くから取り組み、日本国内ではアッカネットワークス

   と1年間フィールドトライアルを行ってきたアルカテル・ルーセント社の

   WiMAXシステムの紹介及び技術トレンド、傾向を解説します。

 

  1.アルカテル・ルーセントのWiMAXへの取り組み

  2.WiMAX Forumの最新動向 wave2、release1.x

  3.WiMAX製品のトレンド MIMO、ビームフォーミング

  4.アルカテル・ルーセントのフィールドトライアル

  5.アルカテル・ルーセントIOTプログラムのご紹介

 

戻る