商用サービスの早期実現に向けて新開発相次ぐ先進企業の最新動!!

モバイルWiMAX用機器・システム

開発・技術動向実証実験例及び今後展開

WiMAX新市場の制覇を目指し開発競争が激化。アッカ・ネットワークスが来年初頭に地方都市でサービス開始!!

■日時 10月30日(火)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

モバイルWiMAXの最新動向及びモトローラにおける対応機器・システムの開発・技術

モトローラ

ネットワークス・エンタープライズ

キャリアビジネス本部シニアマネージャー

 

山崎 潤

 

10月30日 9:40〜11:10

  1.WiMAXの最新動向

       (1) 海外での動向

       (2) 国内での動向

       (3) 標準化動向

  2.モトローラの対応機器

       (1) アクセスポイント(基地局)

       (2) 端末装置

       (3) 今後のロードマップ

地域利用に向けたモバイルWiMAXの最新動向と実証実験例及び今後の展開

潟tジクラ

光機器・システム事業部

ワイヤレスシステム推進プロジェクト長

 

中川 三紀夫

 

10月30日 11:20〜12:50

  1.CATVと自治体でのWiMAX利用

       (1) WiMAXの特徴

       (2) モバイル利用とデジタルディバイド対策

       (3) ケーブルテレビ無線利活用促進協議会での検討

       (4) ビジネスモデル検討

  2.WiMAXの実証実験紹介

       (1) 嶺南ケーブルネットワーク(福井県敦賀市)

       (2) ビーム計画設計(岐阜県飛騨市)

  3.地域免許の取得に向けて

       (1) 総務省の免許方針

       (2) 全国免許と地域免許

       (3) 地域免許の要件

嶺南ケーブルネットワークにおけるモバイルWiMAXの取り組みと実証実験例及び今後の展開

蒲苴ケーブルネットワーク

常務取締役

 

西野 幸二

 

10月30日 13:30〜15:00

  1.大競争時代を迎えてケーブルテレビの生き残り策としてのWiMAX

       (1) データ放送   (4) 総務省の免許方針

       (2) 有線から無線へ   (5) WiMAXのビジネスモデル

       (3) 世界標準としてのWiMAX

  2.システムの概要

       (1) 実証実験

       (2) アプリケーションと端末

  3.公共サービスへの活用

       (1) 防災システム  (3) コミュニティバス運行支援サービス

       (2) 見守りシステム  (4) ユビキタス社会実現に向けて

  4.WiMAXの将来性

       (1) 技術的な面から

       (2) サービス面から

アルカテル・ルーセントにおけるモバイルWiMAX用機器・システムの開発・技術動向と実証実験例及び今後の展開

日本アルカテル・ルーセント

ワイヤレスグループ

シニアシステムエンジニア

 

吉岡 敦史

 

10月30日 15:15〜16:45

  IEEE802.16eに早くから取り組み、日本国内ではアッカネットワークス

   と1年間フィールドトライアルを行ってきたアルカテル・ルーセント社の

   WiMAXシステムの紹介及び技術トレンド、傾向を解説します。

 

  1.アルカテル・ルーセントのWiMAXへの取り組み

  2.WiMAX Forumの最新動向 wave2、release1.x

  3.WiMAX製品のトレンド MIMO、ビームフォーミング

  4.アルカテル・ルーセントのフィールドトライアル

  5.アルカテル・ルーセントIOTプログラムのご紹介

 

戻る