小型・低電力化、低価格化を大幅に実現した次世代製品の開発が相次!!

obile WiMAX基地局用IC・LSI/測定

開発・技術動向応用例及び今後展開

obile WiMAXの商用サービスが目前に迫り、画期的な新デバイス及び計測器が続々と開発され、応用が活発化!!

■日時 12月12日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

obile WiMAXの市場動向と最新の測定技術・ソリューション及び今後の展開

アジレント・テクノロジー

電子計測本部マーケティングセンター

WBUマーケット・ディベロップメント・マネージャ

 

北野 元

 

12月12日 9:40〜11:10

  1.obile WiMAXTMの市場および規格の最新動向

  2.obile WiMAXの物理的基礎

       (1) OFDMAの基礎

       (2) obile WiMAXのフレーム構造

  3.obile WiMAX物理層の測定

       (1) 規格測定項目とその意味

       (2) 測定方法

  4.gilentのソリューション

ナイトロニクスにおけるMobile WiMAX基地局アンプ用パワートランジスタの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

リチャードソンエレクトロニクス

高周波半導体事業部

アジア太平洋地区担当部長

 

小泉 善裕

 

12月12日 11:20〜12:50

  1.GaN半導体技術概要

       (1) GaN半導体の特徴

       (2) GaN半導体製造プロセス

       (3) itronexaN on Silicon(SIGANTICTM技術

  2.WiMAX基地局用itronex社パワーアンプ製品

       (1) WiMAX向けパワーアンプ製品とその特性

       (2) 信頼性評価

       (3) 高効率アンプ回路への応用例

       (4) 高出力デバイスへの取り組み

  3.その他アプリケーションへの適用と今後の展開

       (1) アプリケーション適用領域

       (2) 今後の展開

フリースケール・セミコンダクタにおけるMobile WiMAX基地局用RFデバイスの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン

ネットワーク&CEコンソールグループ

RFオペレーションシニアスタッフエンジニア

 

菊地 宏義

 

12月12日 13:30〜15:00

  1.WiMAX用RFデバイス・ラインナップ

       (1) ディスクリート・デバイスの開発状況

       (2) RFICの開発状況

       (3) 高効率化への手法例(100Wドハティー・アンプ)

  2.モバイル基地局用RFデバイスの取り組み

       (1) フリースケール・セミコンダクタの歩み

       (2) 各アプリケーションにおけるデバイス開発状況

       (3) 高効率アンプへのアプローチ

ピコチップにおけるMobile WiMAX基地局用マルチコアプロセッサ/プラットフォームの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

鰍oALTEK

ネットワークソリューションディビジョン

ゼネラルマネージャ

 

林 孝雄

 

12月12日 15:15〜16:45

  1.WiMAX基地局の構成

  2.MACレイヤとPHYレイヤ

  3.チップセットとWiMAX基地局への応用

  4.リファレンスデザイン

  5.MACソフトウェア

  6.PHYソフトウェア

  7.picoChip社のマルチコアDSP

  8.integra社のマルチコアネットワークプロセッサ

  9.リファレンスデザインベースの構成例

 

戻る