純銅部品の短期開発・試作・製造、量産を実現する新純銅材料/新型金属3Dプリンタが続々登場 〔7月20日開催〕

 

金属積層造形に適した新純銅材料が相次いで市場投入され、金属3Dプリンタを駆使した造形・製造が急進!!
純銅材料/金属3Dプリンタによる革新的純銅部品短期試作・製造技術造形事例

純銅部品造形対応のSLM Solutions/Digital Metal/Desktop Metal/Markforged社金属3Dプリンタの開発動向
金属3Dプリンタでの造形が困難だった純銅部品は、3D造形に適した純銅材料、造形レシピの開発により可能に >
<金属3Dプリンタの活用により、斬新な部品創出、部品点数削減、小型軽量化、低コスト化、従事者数削減が図れる>

※金属3Dプリンタでの製造を軌道に乗せるまで時間がかかり、差別化図るには普及し始めてから取り組んでは “時既に遅し”
※金属3Dプリンタを活用した純銅部品の短時間試作・製造や量産にご興味ご関心をお持ちの初心者の方にわかり易く解説。


《 最近企画の金属3Dプリンタ、セラミックス3Dプリンタ、ダイカスト/プラスチック用金型、アルミニウム部品、純銅部品、
 純銅合金、ジェネレーティブデザイン、3D CAD、3次元設計、点群データ等のZoomオンラインセミナーを以下の通り開催 》


<Zoom オンラインセミナーの一覧 (2022年6月開催〜)>
こちら をクリックしてご覧ください。 会社、ご自宅等のパソコン、タブレット、スマホからご参加できます。

 



今迄不可能だった純銅粉末を用いた金属3Dプリンタによる部品造形・製造が本格的に始まる!!

技術革新進む純銅材料対応新型金属3Dプリンタ

開発動向純銅部品造形技術・事例及び今後展開

《先行SLMソリューションズ/デジタルメタル/デスクトップメタル/マークフォージド社が、積層造形に適した純銅粉末を用いた金属3Dプリンタや造形レシピ開発で、純銅部品の短期開発・試作・製造、量産を実現》

  
 

既存の金属3Dプリンタでは困難な革新的純銅部品をバインダージェット方式最新鋭機やレシピ開発で創出

所望の純銅部品に適した金属3Dプリンタの選び方、導入・活用に必須な知識、様々な造形手法・技術、活用事例

比較的購入し易い数千万円の超低価格、世界トップレベルの高品質を実現する 純銅対応新型機の開発が相次ぐ
金属3Dプリンタに搭載された高出力レーザ、レシビ開発の自由度の高さから、高密度な純銅部品の造形が可能に

3Dデータからの直接造形のため金型不要で、サポート材なし又は容易な除去により短時間・低コストで試作・製造
複雑形状・一体造形ができるため、革新的な純銅部品の創出や、劇的な部品点数の削減、小型・超軽量化を実現

純銅の高い熱伝導性・導電性を活かし、3D積層造形でヒートシンク、熱交換部品、誘電コイル等を試作・開発・製造

金属3Dプリンタで部品製造を軌道に乗せるまで時間がかかるため、普及し始めてから取り組んでは“時既に遅し”
※金属3Dプリンタを活用した純銅部品の短期試作・製造や量産をご検討、ご興味・ご関心の初心者の方に平易に解説

★当セミナー以外に、「積層造形に適した銅合金粉末の開発動向と金属3Dプリンタによる部品造形技術・事例」についてZoomオンラインセミナーを 7月27日(水)に開催いたします。



       

■日時 7月20日(水)   ■受講料 1名につき 24,000円   Zoomオンラインセミナー 〔2022年開催〕

      13:00〜17:30       (テキスト含む、消費税込み)     ※受講者の方のPC、タブレット、スマホからご参加できます

SLMソリューションズ社製金属3Dプリンタを用いた銅の造形レシピ開発動向と純銅造形事例及び今後の展開

愛知産業

AM技術部

AM技術課主任

 

  近藤 拓未

 

  7月20日 13:00〜14:00

 

弊社は主に金属加工分野において世界の優れた技術を日本国内に展開することを使命とした技術商社であり、金属3Dプリンタについては2014年にドイツ SLM Solutions社と代理店契約を締結しました。設備販売だけでなく、複数台の3Dプリンタを実際に稼働させ、国内でのデモンストレーションや造形レシピ開発に対応しております。
今回ご紹介するSLM方式の金属3Dプリンタは、熱源であるIRレーザで材料粉末を1層ずつ溶融凝固させる方式であり、高精度かつ高強度な造形を得意としています。
一般的に銅はSLM方式との相性が悪く、造形が難しいと言われますが、SLM Solutions社の金属3Dプリンタに搭載された高出力レーザとレシピ開発の自由度の高さから、高密度な銅(純銅、銅合金)製品の造形が可能になりました。
銅×SLM方式の最新動向と造形レシピ開発のフロー、造形事例をご紹介いたします。

      

  1.SLM Solutions社について

  2.SLM方式と銅の相性

  3.銅の造形ラインナップ

      (1) Cu(99.5)  (2) Cu(99.9)  (3) CuCrZr

  4.造形事例

      (1) 高周波コイルの革新

      (2) 純銅サンプル

  5.造形レシピ開発のフロー

      (1) 密度の確保

      (2) 形状適用

      (3) 粗さの低減

  6.今後の展開

            〈質疑応答〉       

 

純銅材料対応デジタルメタル社製金属3Dプリンタの開発動向と小型複雑形状純銅部品の造形技術・事例及び今後の展開

  

ヘガネス ジャパン

Digital Metal 営業部

課長

  

  宮本 政博

    

  7月20日 14:10〜15:10

       

Digital Metal は、世界最大の金属粉メーカーであるヘガネス社の高精度バインダジェット方式3D金属プリンティングのブランドです。
航空宇宙、自動車、産業機器、医療・歯科医療、ジュエリー/ホビーと広範囲に応用が可能で、既に100万個以上の造形実績が有り、現在年間約30種類4万個以上の量産部品を製造納入しています。小型複雑形状に特化しているため、一度に数種類/複数個の製品を多層造形できます。
バインダジェット方式は、造形時にサポートが不要で、設計及び除去にかかるリソースを大幅に削減できます。Digital Metalの特徴は、+/−50μmの驚異の寸法精度、35μmの高分解能、極めて滑らかな表面品質(焼結後面粗度Ra6μm)を有します。
量産対応材料として、316L、17-4PH、Ti64、Inco625相当、MAR247相当の9種類に加え継続して材料開発に取り組み、バインダジェット方式では世界で初めて純銅に対応しました。その純銅材料の開発状況と海外の純銅造形事例を紹介します。

    

  1.Digital Metal とは?

  2.各種金属3DPの比較

       ―ユーザーによる比較事例紹介

  3.Digital Metal の工程
       ― 造形工程、クリーニング工程、焼結工程

  4.プリンタと付帯設備

       ― 最新の開発動向

  5.性能と精度

      ―材質と特性及び金属組織例、表面品質、寸法精度

  6.純銅材料の開発状況

  7.純銅の造形事例 

            〈質疑応答〉          

       

純銅材料対応デスクトップメタル社製金属3Dプリンタ “Studioシステム 2” の開発動向と純銅部品の造形技術・事例及び今後の展開

丸紅情報システムズ
製造ソリューション事業本部

モデリング技術部スぺシャリスト
      

  丸岡 浩幸

  

  7月20日 15:20〜16:20

       

Desktop Metal社(米国マサチューセッツ州バーリントン 2015年設立)は独自の金属粉末積層技術とソフトウエア技術を開発し、「金属3Dプリンティングを製造生産においてより容易に使えるようにすること」を企業使命とし、試作から量産まで用途目的に合わせた3Dプリンターシステムと材料、ソフトウエアを開発、世界で販売しており、丸紅情報システムズ株式会社は日本での正規代理店です。
1個から少量、5種の金属材料から選んで作るBMD(材料吐出法)法の国内販売中「Studioシステム2」に加え、小中量生産に適したバインダージェッティング法の新製品「Shopシステム」の国内販売を開始致しました。
特にStudioシステム2では純銅で熱交換器部品、導電部品などをより高い性能が出せる形状で作ることができます。その工法、システム、特長、活用事例を紹介致します。

  

  1.会社紹介 提供製造ソリューション概要

  2.販売3Dプリンタ 「Stratasys」 「Desktop Metal」 概要

  3.Desktop Metal 社 会社概要

  Desktop Metal 社 製品ラインナップ概要

  5.Studio システム2 技術、装置、材料の概要と活用事例

  6.純銅材料の特性と活用事例

  7.バインダージェッティング法 Shop/Production システム概要    

            〈質疑応答〉 

 

純銅材料対応マークフォージド社製金属3Dプリンタの開発動向と純銅部品の造形技術・事例及び今後の展開

鰍RD Printing Corporation
大阪営業所

営業部セールスマネージャー
      

   湊 博文

  

  7月20日 16:30〜17:30

 

弊社は金属ならびに樹脂の3Dプリンティングに関してトータルソリューションをご提案できる会社でございます。ご要望に沿った3Dプリンテイングサービスだけでなく、3Dプリンタ機器選定やインストール、導入後のメンテナンスまでワンストップでお客様をサポートいたします。
今回、ご案内差し上げますFFF方式(熱融解方式)とMIM方式(Metal Injection Molding)の製法を融合させ、金属造形を可能にするADAM方式(Atomic Diffusion Additive Manufacturing)を用いたMarkforged社・MetalXではSUS630(17-4PH)、ダイス鋼(SKD11、SDK12、SKD61)、インコネル625に加え、純銅(99.8%)での造形を可能にしております。
メーカーであるMarkforged社ならびに製法などの紹介、その中でも熱伝導性、導電性に優れた純銅における特長や事例をご紹介します。

   

  1.Markforged社の紹介

  2.Markforged社・MetalXの製法

  3.純銅の特長

  4.純銅材料の特性

  5.活用事例

  6.今後の展開

  7.その他、当社サービスのご紹介

            〈質疑応答〉

       

 

【主催】日本技術情報センター TEL 03-5790-9775  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2022年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブログ⇒ http://takashi-jtic.at.webry.info/

〔金属・セラミックス3Dプリンタの活用技術・事例、RPA、3D CAD・CAE、ジェネレーティブデザイン等を記しています〕

 



 【特別割引】
  ※2名様以上同時にお申込みの場合は、お二人目の方から受講料を3,000円割引21,000円にて
   お受け致します。 先着(ご入金順)3名様までです。

   

※お一人で下記のセミナーも同時にお申込みの方は、受講料,000円割引にてお受け致します。

当割引は受講ご本人のみの割引です。 他の方が代理での受講はお受け致しかねます。

ジェネレーティブデザインによる究極の超軽量・コスト削減技術とユーザ導入例〔Zoomセミナー〕(7/14)
金属3Dブリンタ/アルミ合金粉末を駆使したアルミニウム部品の造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(7/21)
金属3Dプリンタを駆使したダイカスト/プラスチック金型の製作技術、デジタル倉庫サービス〔Zoomセミナー〕(7/22)
積層造形に適した銅合金粉末開発と金属3Dプリンタによる部品造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(7/27)
3D CADで本当に効果を出すための3次元設計技術と自動設計、モジュール化〔Zoomセミナー〕(8/1)
金属3Dプリンタ導入・運用上のポイントと金属部品・金型の斬新な造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(8/3)
セラミックス3Dプリンタ/材料の開発動向と新造形技術・事例、短時間試作・製造〔Zoomセミナー〕(8/24)
3Dプリンターを駆使しAMを成功させるために必須な基礎知識、AM導入・活用〔Zoomセミナー〕(8/25)

       

セミナーのお申込みは、弊社 ホームページお申込み方法からお願い致します。

企画・セミナー統括責任者:吉田 賢 <ご質問、お気づきの点がございましたら、お気軽にお問い合わせください>