・・・様々なドローンの開発で自律制御を成功させてきた実績をもとに、わかり易く詳!!

高性能・高機能化を目指す ドローンにおける

測・自律制御基礎応用技術及び活用事例

センサ、カメラ、GPS等で周囲、位置を把握・確認しながら自律飛行する技術・設計のポイントと秘法を解

 

 

国産ドローンを開発して、巨大なグローバルマーケットに向けて更なる躍

DMM.com 8月6日と 27日に始めた次期主力新サービスのDMM.make STORE 及び SELECTION を利用

して、個人、企業の独創的なドローン製品を世界市場に広く販売・流通させて売上増大、事業拡大が図れます

 

セミナーのポイン

ドローンを活用した新事業・サービスが続々と創出され、新規参入のドローンメーカが相次ぎ開発競争が激化

小型無人ヘリコプタの自動制御を10年前から始められた鈴木智先生が 自律飛行の数々の成功事例を詳説

ドローンで用いる制御システム、自律制御技術の詳細及び、それを搭載した最新の活用事例を具体的に説明

他社のドローン製品との差別化を図るためのキーテクノロジー、開発・設計時での要点・コツをわかり易く解説

 

■日時 10月8日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:30〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18    (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

 

●講師

   信州大学

   繊維学部機械・ロボット学系

   機能機械学課程

   准教授

   博士(工学)

 

   鈴木 智

 

 

【経歴・活動】

2008年に千葉大学大学院自然科学研究科人工システム科学専攻を修了後、2008年から2009年まで日本学術振興会特別研究員(PD)、2009年から2012年まで信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点助教、2012年から2014年まで信州大学繊維学部機械・ロボット学系機能機械学課程助教を経て、2014年より現職である同准教授。

2004年から小型無人ヘリコプタの自律制御に関する研究を開始、シングルロータヘリコプタ、VTOL機等の様々な機体の自律飛行に成功を収めている。2008年ころより電動マルチロータヘリコプタ(ドローン)の研究に携わる。

日本機械学会、日本ロボット学会、計測自動制御学会、IEEEに所属。2012年よりミニサーベイヤーコンソーシアム理事。

 

 

【講師の言葉】

      本セミナーでは、最近何かと話題になっているドローンが果たしてどのような原理で飛行し、そこにはどのよ

      うな制御技術が用いられているかを解説します。

      はじめに基礎編では、一般的な航空機の制御システムの設計に基づき、航法、誘導、(姿勢)制御という観

      点からドローンに用いられている制御システムの詳細を説明します。つづいて応用編では、基本的なドロー

      ンの制御システムの発展として、複数のドローンのフォーメーション飛行制御と非GPS環境下における自律

      制御技術について紹介します。最後に活用編では、制御システムを搭載したドローンの活用事例及び今後

      の展開について述べます。

 

 

            1.基礎編1: 数学的基礎事項

                  現代制御の基礎とカルマンフィルタ

            2.基礎編2: 航法システムの設計

                  ドローンの姿勢及び位置・速度の推定

            3.基礎編3: 姿勢制御系の設計

                  運動モデルの導出とモデルベース制御系設計

            4.基礎編4: 誘導システムの設計

                  GPS環境下におけるドローンの誘導

            5.応用編1: 複数ドローンのフォーメーション制御

                  衝突回避を考慮した誘導制御系の設計

            6.応用編2: 非GPS環境下における自律制御

                  モーションキャプチャ、カメラ、レーザセンサによる制御

            7.活用編1: 過去及び現在の活用事例紹介

                  農薬散布から構造物点検まで

            8.活用編2: 将来のドローン市場

                  潜在的市場とその市場規模

                                    〈質疑応答〉

         信州大学 若手研究者紹介 鈴木智先生 http://www.shinshu-u.ac.jp/research/project/fiber-wakate/resercher/22suzuki.html

         鈴木智先生 信州大学 繊維学部 http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/guidance/teacher/prof/39670.html

 

 

【主催】日本技術情報センター TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2015年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブロ http://takashi-jtic.at.webry.info/

ドローン、ロボット、人工知能、次世代農業、金属3Dプリンタ活用例(金属製品・金型)について記しておりま

 

 

戻る